鉄馬に乗った流れ者

どうも無職が定位置なおっさんです。

友人から「飲み行かねぇ?」とお誘いがあり、久々に飲み屋へGOッ!

ぷはーッ!久々だぜぃ!


転職先がとても良いところらしく、順調な毎日らしいです。

おっさんも贅沢は言わないので、長期連休が一ヶ月程度あって、有給取得100%、法令順守の残業代がキッチリ出るところがいーなー(棒読み)


そろそろ、お開きの段階で


「ちょっと、聞いていい?」


「なに??」


「国家資格はどうなったん?」



あ!あーあーあー!!

すいません。報告遅れました。無事に受かってました。そして、無事に大学も卒業しました。



そしてめでたく、ただの無職のおっさん(40)に返り咲きました。(部屋の片隅で膝をかかえながら)


おっさんはどこに行くのだろう? やや、ホント!どこいくのぉぉ!?(悲鳴気味に)


人気ブログランキングへ にほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ
My Home Page 鉄馬に乗った流れ者 |   at 20:00  |  この記事をクリップ! 不定期日記  

世間話に潜む、潜在的な優先度

違和感を感じる。



先々週の話になりますが、こんどうさん夫婦がおっさん宅に遊びに来てました。
(※.ハンガリー編に主に登場)

夜にはBBQをしながら、近況や旅行話をするのですが「なぜ、それを聞くのだろう」ってところで思わず共感しちゃいました。


「いま何してる?」


久々に出会った友人や知り合い。はたまた初めて会う人。挨拶ついでに、当たりさわりない話題として使われる言葉です。

ほぼ、この「何」を表すのは「仕事」になります。これに違和感を感じる話です。



「ハンガリーでは仕事を聞くより、家族や兄弟とか聞かれることが多いねぇ」



これには、おっさんも違和感を感じていました。

バイクで世界一周の際に家族や兄弟、「おまえ嫁はいるのか?」など、家族について聞かれることの方がスタンダートでした。


帰国してから「何してるの?」(仕事は?)の質問に、やや違和感を感じていたのです。



おっさんは帰国後、職業が行方不明なので、内心答えにくいと感じているのかなぁっと考えていました。

しかし、経営者であるこんどう夫妻も、そう捉えていると言われると、何か共通する違和感を感じていると思いました。






そして、先日のことです。同級生が亡くなられて通夜に参列させて頂きました。

同じく同級生が何人か参列していました。家族を失い泣き崩れる親族のなか、久しぶりの顔ぶれです。


軽く挨拶を交わして、同級生に「おじさん、おばさん元気かい?」など、お互いの家族が健やかか話そうとした、その時に。


「おっさん、いま何やってんの?」


と、聞かれて違和感が絶好調です。



日本では、ごく普通の挨拶です。ごくごくあり触れた世間話のひとつでしょう。

それは理解しています。しかし、優先順位が仕事>家族と言われているみたいで、寂しさを感じます。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ
My Home Page 鉄馬に乗った流れ者 |   at 20:00  |  この記事をクリップ! 不定期日記  

バイクで世界一周の資金を貯める意思を、確固たるものにした瞬間

バイクで世界一周の旅費を貯めよう!と、本気で考えたのは2005年の南米旅行での出会いです。


バイクで世界を走るなんて、当時は雲の上のお話です。そんな時にウユニ塩湖で有名なウユニの町で、3人の旅行者に会いました。


3人とも日本人の自転車旅行者です。同じ安宿に滞在していたところに、偶然おっさんがチェックインしました。




DSC01476

左からおっさん、トヤさん、アシさん、夢追う男さん。当時は「超人さん達」と呼称してました。(我ながら絶望的なネーミングセンスだな)

旅行者だとイメージがやや異なる気もします。冒険者と呼称がしっくりくる方々でした。



中庭で一緒に夕食を済ませていた際に、おっさんから相談をしました。


「実は、いつかバイクで世界各地を走りたいんです。けど、英語はダメ、バイクの修理も微妙、運転技術も自信がないなど色々と力不足しかなくて」


なんて、言い方をしたと記憶しています。


それに反応する、超人さん達の反応は極めて肯定的でした。

「いけるいける!」「なんとかなる!」「大体、南米が英語通じないw」など喝を入れる言葉から始まり、今まで出会った日本人ライダーの話もしてくれました。


「途中で爺さんライダーに会ったよ。なんか、バイクが故障したらしいけど修理できなくて、仕方ないからって現地のフーゾクで遊んでいたよwww」


「は?」


先に話した通り、バイクで世界を走るなんて、雲の上のお話と考えていた時期です。

当然、そんな事をする人は、雲の上の存在で、崇高な人物像って勝手なイメージがあったんですよ。



「は?フーゾクですか?」


「そうそうww南米の姉ちゃんは情熱的で最高wwwってバイク修理そっちのけでハマっていたよww」


超人さん達は、その行動に非難しているわけではないですが、やや眉をひそめる様子でした。

冒険者として同一視されたくない。そんな雰囲気でした。




そして、その話を聞いたおっさんは、


はぁーッ!?何それ!?ただのエロ爺ができる事を「力不足で・・」とか言ってウジウジしていたのぉ!?ムキーッ!っとなりまして。(一部、表現が過激になっております)

クソ!資金貯めておっさんも行ってやる!!と、資金貯めの原動力となりました。


資金集めの原動力が、南米のフーゾクにハマった、名も知らないエロ爺さんライダーだと振り返ると、乾いた笑いがとまりません。HAHAHAHA。誰だか存じ上げませんが、いつかお礼を言いたいですね。

まぁ、行動の原動力なんてそんなもんだよね?(光彩のない瞳で)





さてさて、その後の超人さん達です。

トヤさんは14年間(?)の世界旅行を終えて、今年帰国されたご様子です。バイクで世界一周時には、南米ウシュアイアの宿でチラっと紹介してます。

アシさんは風の噂ですが、南米旅行中に強盗に襲われたらしく、気が付いたら病院のベットのうえだったそうです。そして、そこで知り合った看護師さんとご結婚されたとかなんとか。末永く爆発してしまえー。

夢追う男さんは、その後も様々な冒険にチャレンジを続けて、今年には南極点に人力到達したご様子です。偶然フェイスブックのフレンドがシェアしててビックリしました。



ほんと、色々な人との出会いが、今に繋がっているなぁっと感じます。

お三方の、益々のご活躍を期待しております。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ
My Home Page 鉄馬に乗った流れ者 |   at 20:00  |  この記事をクリップ! 不定期日記