鉄馬に乗った流れ者
トップページ  » お知らせ  » エンジン逝っちゃいました・・・。

エンジン逝っちゃいました・・・。

はい、どもお・・・。絶賛イタリアで凹んでる管理人氏より現状報告です。

表題の通り愛車ビリー君のエンジンが逝っちゃいました。
もうね。文章だけで書いちゃうほど気が動転してるらしいですよ奥さん!

「うはははっはあはhwwwwwざまあみろーーwwww」と笑って下さいな

あまりにもタイミングよく壊れたので経過をお話して「あーー!!
その場合はこれが原因じゃねえ!?」っとわかる人がいないか
絶賛募集中です。


エンジン周りをいじくったあたりからさかのぼると・・・
ドイツフッセンにてエンジンオイルとフィルタを交換、10月4日のことです。
オイルは10-40Wのドイツで購入したバイク用のオイルです。

この時点での走行距離は37280.8km
その後オーストリア・スイスを経由してイタリアのミラノへ
ここまでフランスのモンモン以来高速走行はほぼなし

イタリアに入国してネット環境を確保が困難になり
地図を頼りにベネチアへ向かう、その際に地図でも確認可能な
ハイウェイを走行することに・・・。

ハイウェイに乗る前にイタリアで初の給油、油種がどれだがわからず
現地の人に聞いて入れるパワープロ(?)とかいうタイプこれがどの
オクタンに相当するのかは謎

ハイウェイに乗りベネチアに時速80〜85キロで向かう、最初は特に
感じなかったがエンジン音がやけに波打つ感じを受けたのでパーキングで
一度止まってエンジン周りをチェック。念のためにプラグを新品に交換

外観からは何も異変を感じず「気のせいか?」と再出発

同じく時速80〜85キロで走行、突然エンジンから「ガルガルガルガガガ」と
異音、ガス欠か?と思うような症状でアクセルをまわしてもエンジンが回ら
なくなる。慌ててすぐ近くにあったSOSゾーンに退避する。

セルをまわすが「キュル」とも音がしない。「バッテリートラブル?」と
思いキックを踏むが途中で止まって下まで降りない。

どこかの本だかネットだかで「キックが降りなくなるのはマズイ」ことを
なんとなく思い出して近くの工事のおっちゃんの助けを借りてレスキュー召還

どうも他メーカーのバイクは受け付けてくれないらしく小1時間ほど
レスキューのおっちゃんとドライブしてスズキバイクショップへ持ち込み
現在に至る。

近くにビリーがいないので正確な現在の走行キロ数はわかりませんが
確か38500km辺りだったと思います。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ

  at 03:10
トラックバックURL
コメント
1. Posted by 通りすがり   2010年10月16日 17:01
エンジンオイル量見ました?
ほぼ空になってないですかね?

焼きつき終了の気がしますね・・・
修理というより、乗せ換えが最良。
2. Posted by 管理人氏   2010年10月16日 19:16
エンジンオイル量は問題なしです。

オイルについてはバイク屋の人に出発前に
注意されていたので毎日チェックです。ハイ!
3. Posted by 通りすがり   2010年10月16日 21:33
>突然エンジンから「ガルガルガルガガガ」と
異音
高回転時に『ジャージャー』では無いですよね?回転と同期するように鳴くとクランクのベアリング死亡。復帰不可・・・ガルガルだと・・・ウーン?ヘッドバルブのタイミングチェーン切れかな?切れて詰まってクランクが回らなくなってるかもしれないですね。エンジンオイル抜いて、金属片が出てこないならヘッド開けてみるのもイイかもです。最悪、バルブがピストンを叩いているかもしれないので開けてからの診断になると思いますよ。
>エンジン音がやけに波打つ感じ
アクセル一定で回転が不規則なのは、主に2次エアーによるものですね。キャブですよね?キャブからエンジンに繋がってるマニホールドに亀裂が入ってないですか?空気を吸い込む亀裂があると、高回転負荷時に空気を吸い込みすぎて、ガスが薄くなり異常燃焼で焼きついてしまいます・・・
症状としてはエンジン回るけど力無いなぁ?
初期なら、あれ?前よりパワー感あるな!って感じですかね。でも、話から突然なったみたいなのでタイミングチェーンじゃないかな?ベアリング類は、何かしら前兆&異音があってからなりますから。
4. Posted by 管理人氏   2010年10月16日 22:43
>高回転時に『ジャージャー』では無いですよね?

ジャージャーって感じではなかったです。本当に「ガルガルガルガガガ」って感じですエンジンの回転音は通常よりキーが2オクターブぐらい高く高速走行していても「なんじゃこの音は!?」と聞こえるレベルです。

あと、慌ててオイルの蓋をあけたら湯気が出ました。

エンジンのパワーあるなぁ・・・はイタリアに入国したときに多少感じましたが「標高2000mレベルから降りた」「そもそも下り坂」だったのでそれが症状か普通の現象か判断が難しいです。
5. Posted by 通りすがり   2010年10月16日 23:31
>エンジンの回転音は通常よりキーが2オクターブぐらい高く高速走行していても「なんじゃこの音は!?」と聞こえる
これはベアリングの音かもしれないですね・・・
キャブにゴミ溜まりか2次エアーの吸入により、異常燃焼して焼きつきが濃厚ですね。
この場合だと今後を考えると乗せ換えがベストでしょう。
http://zangzong.skr.jp/gallery2/v/DJEBEL200/engine/
バラすだけなら上記のHPが参考になると思います。
直すとなるとベアリング類は総取替え、ピストンとシリンダーと周辺部品となると・・・
6. Posted by 二羽   2010年10月17日 09:31
中国製のGN125のパーツって
流用出来ないのでしょうかね?
ヨーロッパにも輸出されてるらしいのでエンジン本体も手に入ると思いますが?
あとはRRの例持ち出して、スズキにだめもとで相談してみるとかw

ジェベルのQ&Aみつけましたので貼っておきます
Q&A(DF&DJEBEL125、200編)http://djebelist.net/qa/qa1.htm
7. Posted by 二羽   2010年10月17日 09:42
あとwikiもありました

http://poco.s59.xrea.com/x/pukiwiki.php?125%A4%C8200%A4%CF%A4%C9%A4%A6%B0%E3%A4%A6%A4%CE%A1%A9

ここに焼きついた時のオーバーサイズピストン情報あります

上記Q&Aにもありましたが、長時間の高速走行が鬼門みたいですね・・・・
8. Posted by 二羽   2010年10月17日 10:10
連投すみませんhttp://djebelist.net/bike/notrenew/beta/bikebeta.htm

イタリア製の兄弟車らしいです
参考になれば
9. Posted by 通りすがり   2010年10月17日 15:15
とりあえず、オイルを抜いてみましょう。
鉄粉が混ざってたら終了・・・
ベアリング粉砕により内部ズタボロでしょう・・・

状況から推測すると、異常燃焼によりエンジン内部が温度上昇し、油膜切れを起こしご臨終かな。
この状況なら開ける必要もないですね。
修理出来ますが、暇と財力と自分でやらないとですね。
お店なら乗せ換えをすすめます。
10. Posted by 管理人氏   2010年10月17日 15:29
沢山の情報ありがとう御座います。

イタリアのBETA社ALP200のエンジンに載せかえれないか確認もしてみて、同時にエンジン内も確認してみます。

あと載せかえによる影響もJAFに確認をしてみます。

正直言えば載せかえたいですね。アフリカ走破かなり不安なんでw
11. Posted by 通りすがり   2010年10月17日 16:02
この状況のエンジンならプロの場合だと断われますね・・・
ちなみに調べた結果、BETA社ALP200のエンジンは同一。エンジン部のBETAを剥すとSUZUKIの文字が出てきますw
http://www.geocities.co.jp/MotorCity/8200/itarian.html
載せ換え時にキャブも見て下さいね。
12. Posted by 二羽   2010年10月17日 18:25
おー管理人さんより返信が
@これも使えるかも

http://ftc01.jp/cart/item.asp?shop_id=000701&category1_id=0&category2_id=12&product_id=23&flg_search_asp=1&variation=,,,,,

QINGQIクインキースーパーモタード200GY

これもスズキのOEMで海外輸出してたはず
運がよければ乗せ換えできるかもしれません
結構中華で模造されてるんで、探すと掘り出し物あるかもしれません、がんばって下さい!
13. Posted by 管理人氏   2010年10月18日 13:17
通りすがりさんへ

これは・・・ww
確かにイタリアぽいですwww現地の人にこれを
見せればかなり説得力ありますねwww

二羽さまへ

了解です。この車体も無いか一緒に確認してみます。
コメントを書く




情報を記憶: 評価:  顔   星