鉄馬に乗った流れ者
トップページ  » お知らせ  » 先日ブログで記事にしたロシアで日本人ライダーが殺害された件について

先日ブログで記事にしたロシアで日本人ライダーが殺害された件について

ザバイカル地方 日本人旅行客殺害事件 容疑者拘束
(大仁田耕一さんをよく知る方より本日朝連絡を頂きました)


先日ブログで記事にしたロシアで日本人ライダーが殺害された件について
謹んでご冥福をお祈りします


さて、この件につきましては様々なところからご意見やご要望などを頂いております。


朝日テレビの報道ステーション?って番組からもコンタクトがあり、この事件の
重大さを感じております。(こちらはやんわりとお断りさせて頂きました)


最初に知ったのはツイッターにて

その後、被害者である大仁田耕一さんをよく知る方より、大仁田さんは私の
ブログから情報を収集していたことがわかり、かつこの様な悲惨な出来事が
今後起きないように訴えて欲しいとご要望があった次第です。


根底にとても深い問題があり「難題」と感じるのが素直な意見です

そんな根底の問題を解決できるほどおっさんは文才があるわけでもないので・・・
おっさんなりにせめてこのブログを読んでいる旅行者様へお願いしたいことが御座います。



.「死ぬ覚悟で!」ではなく・・・

日本を代表する海外ツーリングコミュニティサイトであるWTN-J(www.wtn-j.com)の
海外ツーリング情報にもだいぶ前に書かせて頂いたのですが・・・・

おっさんの元には海外に行く旅行者本人からメールはもちろん”これからバイクで
海外を走る人”のご家族の方からもメールなどで問い合わせがあります。

実際に海外に行かれる人も不安と緊張での出発かと思われますが、残されるご
家族、または友人などどんな態度であっても内心はとても心配されて見送っていると
思います。

せめてこまめにメールで無事であることを知らせてあげて下さい。
知らないところでご両親はご尽力されていたりするものです。

あと出発前に”死ぬ覚悟”で出発と言えば侍のようでカッコイイのかもしれませんが、
そんな気持ちで出発を見送るご両親や友人のことを考えてあげてほしいです。


「死ぬ覚悟」なんてせずに「生きる覚悟」をしてみてはいかがでしょうか?


自分が生きて帰らなければならない!そう考えると”死ぬ覚悟”ってものがどれほど
志が低い考えてあるか痛感すると思いますが・・・いかがでしょうか?



.肩の力を抜いてください

ある程度の資金、長期の自由な時間、このふたつを両立しなければならない長期旅行は
どうしても力がはいってしまうと思います。


実際にあった話なのですが、ハンガリーで滞在中にとある学生バックパッカーさんが
ぼったくりバーに捕まりました。(誰とは言わんがw・・・)

彼の話では近くの広場で写真を撮っていると自称「ドイツ人」というカップルに声をかけられたそうです。
少し話して仲良くなったそのドイツ人カップルに「一緒に飲みに行こう」と誘われてとあるバーで飲み食いしたところウン十万円相当の金額を請求されたそうです。

その後ドイツ人カップルと共にお店に抗議をしたらしいのですがドイツ人カップルから「しかし飲み食いしたのは確かだしひとり100ユーロぐらいは置いていこう」という提案でその学生バックパッカーさんも100ユーロを払ったそうです。

しかしハンガリーでちょい飲み食いした程度で100ユーロは法外です。どう考えてもその自称ドイツ人カップルもグルと考えるのが妥当です。

冷静に考えれば、

ただ観光している外国人に声をかけてバーに誘う時点でおかしいと思うのですが

そこに”旅行”、いやもうちょっと意識した言い方をしましょう・・・・”旅”なんてスパイスを加味するとどうやらこんな怪しい出会いすら「旅先の素敵な出会い」へ大きく印象がかわるようです。


旅行に理想やロマンを求めたり、そこには崇高な目的があるがごとく思考してしまう
気持ちもわかるのですが・・・



.おっさんのブログだけに頼らないで

これはかなり前から問題になっていたのですが・・・
どうもおっさんのブログを読むと世界がとても平和な場所に見えるらしいです


ブログ内容につきまして「その国の良いところを見つける」という大原則があります


これは旅行者のなかに”危ない国に行くことにより自分を大きく見せる”という考えを持つ人へのおっさんからの痛烈な批判があるためです。

結果的におっさんのブログ内容はどんな危険な国も平和に見せてしまう傾向があると思います。


おっさんのブログを読んでその国の危険レベルを想定するのは個人差はあると思われますが絶対にやめてください。大使館などに問い合わせてしっかり治安情報を確認してください


またブログ内容は「毎日5分程度でサラッと読める旅行日記」を記事水準にしているのでどうしても省略することが多く、全てを掲載しているわけではありません。


ちなみにおっさんは今回の事件の辺りで何かなかったのか?的な質問を受けているのですが
記憶している方もいると思いますがちょうど悪徳警官に捕まった辺りです。



◇最後に

事件を読まれて、さらにこの記事を読んだうえで

「俺ならもっとテントをカモフラージュして見つからないように野宿するぜ!」とか判断されるとおっさん的には大失敗なのですが・・・(滝汗)


旅行者のなかには「お金を払うこと!それは悪!」という考えをお持ちの方がいるので、野宿をしがちになるのかもしれませんが先に述べたとおりご家族やご友人を、そして自分を見てくれる人たちに安心をしてもらうために必要な出費ってヤツもあると思います


自分ひとりだけの旅行だとは思わず
たくさんの方が楽しい旅行を満喫できることを願います




人気ブログランキングへ にほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ

  at 19:30
コメントを書く




情報を記憶: 評価:  顔   星