鉄馬に乗った流れ者
トップページ  » 不定期日記  » 自慢話をしよう、あれは今から36万・・・いや、1万4000年前だったか?

自慢話をしよう、あれは今から36万・・・いや、1万4000年前だったか?



今日はおっさんの自慢話をしちゃうぞ♪そう緊張せずに気楽に襟を正して正座で読めばいいと思う(ハート)



毎度の冗談はさておき。まずはこれを見てください。


IMG_20160307_0002のコピー

ややややw 中央に写っているのは高校2年生のおっさんです。ウホwww若いwww

後方にはバイクで世界一周の際に日本側で支えてくれたワッキー氏や友人の山ちゃんも写ってますw



これは戦後50周年に合わせておっさんが高校生の時に企画した「平和自転車隊」という学園祭内のイベントです。

原爆で被害のあった広島から、戦時中に海軍工廠(かいぐんこうしょう)が存在したために、空爆にて大勢の人が亡くなったおっさんの地元、豊川市までを自転車で走破するという内容のものです。



基本的にオツムの足りない高校生でしたので、あまり深く考える事もなく「先生!こんなん面白くない?www」なんて冗談半分で話した内容に、社会科担当の先生が「やる気になっちまった」という流れです。

テレビや新聞社は取材に連日来る。広島市の市長だのなんだの、お偉いさんに合わなきゃならんなど、発案者がドン引きするほど大事になってしまい、生まれて初めて胃潰瘍になりました。



そんな、軽いノリで始まってしまった企画でしたが、2点の事について考える良い機会になりました。



そのひとつが「平和」です。



企画終了後は各地で「話をしてくれ」と人様の前で話をせにゃならん事になりました。すると嫌でも「平和」についておっさんの考えを述べる必要が出てきたのです。


「平和」ってなんだ?

企画にあたり、被爆者の方から貴重なお話も頂けました。広島市のお偉いさん(たぶん市長w)も何かお話頂けました。原爆資料館も行きました。これでもかと衝撃的な写真などを見たと記憶しています。



戦争がいかに残酷であるのか、戦争がどれほど人を不幸に追いやるのか、たくさん触れる機会がありました。



「話をしてくれ」という内容も当初は「戦争がいかにいけないものか」と述べるのが正論と思い、その様な内容にしようと思いました。


しかし、どうしても何か引っかかる・・・。




あ、これおっさん(当時高校2年生)の視点ちゃうわ!



数々の場所で話しましたが、こんな内容にしました。



「みなさん!”平和”ってなんですか?争いがないことですか?戦争がないことですか?すいません!僕は戦争を知りません!一切体験してません!


みなさん!”平和”ってなんですか!?通勤時間に駅に立ってまわりを見てください!疲れた顔で会社へ向うサラリーマン!働いてばかりで家族との時間をとらない親!!


”平和”ってなんですか!!?僕は戦争のない時代しか知りません!戦争がなれけば”平和”でいいんですか!!?


僕は”戦争がなければ平和”だけで終わらせてはいけないと思う!!みんなが幸せになって初めて平和だと思います!!」



オツムが足りない+高校生ということもあり、とても青臭い台詞ですが話の〆の部分で多少違いはあるといえ、こんな感じのメッセージを訴えさせえて頂きました。


恩師たちもおっさんの話す内容に何一つ意見などなく、全て自由にさせてくれたせいもあります。


ちなみに、主に話をした相手はPTA父母の皆さんです。「平和」について考える良い機会を与えてくれたと恩師に感謝です。




さて、もうひとつは「この企画後」です。あれから20年という月日が経ちました。



まず、こちらを見ていただきたい。

http://www.chunichi.co.jp/ee/feature/hiroshima/relay2015.html


去年、全国規模で行われた高校生たちのイベントです。

「へ〜」なんて気持ちで観ていたのですが、今年初めに恩師に会う機会があり、「アレ、お前の企画の延長線だぞww」と言われました。

聞いたおっさんがビックリでした。おっさんが高校卒業後に色々カタチを変えて全国規模になったらしい。

その過程で、当時企画を支えてくれた恩師方にノウハウを学びに来た教職員もいたほどらしいです。



今から20年以上も昔話です。おっさんを含めて9人の高校生が、まぁそれはいい加減な気持ちで「平和」を訴えておりました。

「やった!これで授業をサボれるぜwww」なんて人もいたし、「高校時代の思い出づくりだね!」なんて人も居ました。

最初はどうあれw 日本の片隅でちっこくやっていたオツムの弱い高校生の行動は20年という歳月を通して大きく成長したみたいです。

方向性さえ間違わなければ、まずは小さな1歩でも十分なのかもしれません。



バイクで世界一周もそうです。ただ、つま先を目的の方向へ、目的の方向へ。

夢に向って走るなんておっさん転んじゃいます。歩くのだって怪しい。一歩を踏み出しのも常に躊躇です。

けど、つま先だけは目的に向って揃えたい。



人気ブログランキングへ にほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ

  at 20:00
コメントを書く




情報を記憶: 評価:  顔   星