鉄馬に乗った流れ者
トップページ  » 不定期日記  » ランドナーを修理するぞ!レストア計画

ランドナーを修理するぞ!レストア計画



前回のつづき。


せっかく、分解し磨き上げた自転車の部品たちですが、またすぐにサビついてはやるせない。


      _____     ━┓
    / ―   \    ┏┛
  /ノ  ( ●)   \  ・
. | ( ●)   ⌒)   |     防錆処理を施したいところ
. |   (__ノ ̄    /
. |             /     なのだが・・。     
  \_    ⊂ヽ∩\
    /´     (,_ \.\
.    |  /     \_ノ


IMG_3226

そこで辿りついたのがコレです。

うん、便器を掃除する為に購入したわけじゃないぞ?




グーグル先生を使って調べてみるとDIYでメッキ処理をできそうな感じです。

「メッキ DIY」などで検索すると一杯出てきます。(面倒なことはぶん投げるスタイル)

やり方や、方法はそれぞれ色々な視点で記事にされているので、自分で調べて結論を出してくださいw


IMG_3222

ここからは、おっさんの方法です。色々なブログ記事を参考に装置を作成。

ゆっくり電気処理した方が表面が泡状にならないらしいので、単1電池1個でいきます。



IMG_3228

泥除けを固定していたネジがサビだらけだったので、これを使ってメッキ処理実験です。

まずは、少量の酸につけてサビをとりながら酸性にする。


IMG_3232

が、頭の部分のサビがとれないので研磨する。研磨サイコゥー!


IMG_3237

こんなもんでいいか?


IMG_3239

パーツクリナーで洗浄してから通電開始!

金属に相性があるらしく、鉄に銅をまずメッキします。

下地処理の重要度がどれほどかを計るために、新品のボルトもテストでメッキ処理してみます。


IMG_3247

一時間ほどメッキ処理してみました。風呂掃除に使っているルックの原液に漬けて中和する。

写真、手前のボルト2個の右が新品で何もしてないもの、左が銅メッキ処理をしたものです。

奥のネジと小さいボルトは研磨してメッキ処理した泥除けを固定していたネジです。


            ____
          /      \
         /  ─    ─\     新品のネジには綺麗に銅メッキされているけど
       /    (●)  (●) \ 
       |       (__人__)    |   研磨したネジたちは、ちょっと定着が悪いなぁ・・・。
        \      ` ⌒´   /
        /、.    ` ⌒´  ヽ    下地処理は重要ぽいなぁ。 
       /            |   
       |           | / 
       ヽ_|  ┌──┐ |丿     
         |  ├──┤ |      
         |  ├──┤ |




人気ブログランキングへ にほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ

  at 20:00
コメントを書く




情報を記憶: 評価:  顔   星