鉄馬に乗った流れ者
トップページ  » 不定期日記  » まつりの手伝いをしてワタシ気付いたんです!(迷いのない瞳で)

まつりの手伝いをしてワタシ気付いたんです!(迷いのない瞳で)

先日、地元の市民まつりのお手伝いをしました。



ひと目でスタッフとわかるユニフォームを着て来訪者さんのお迎えしました。


小さなお子様を対象に、工作教室の担当をしたのですが、



そこで、感じたのです。







あれ?警戒されてないね。







存在するだけで警戒される、おっさんほどの紳士的な中年になりますと、


お子様をづれの奥様の警戒心が、黙っていても全身から湧き出るレベルで感じる今日この頃。




スタッフとわかるユニフォームを着るだけで!この違い!



美しい奥様:「お願いします」



っと、お子様をおっさんに預けるではないですか!!









そうか!誰かわかるユニフォームがあればいいのか!?


そうすれば、怪しい中年男から身元が確かな中年男に昇格できる!








t-body-1000のコピー

デザインしてみた。






違う・・・。何かが違うなぁ・・・。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ

  at 20:00
コメントを書く




情報を記憶: 評価:  顔   星