鉄馬に乗った流れ者
トップページ  » 不定期日記  » 主婦の憂鬱

主婦の憂鬱

こんばんは、家政婦のおっさんです。

非常勤講師のお仕事も、冬季試験の採点を終えて、仕事がいよいよ無くなりました。


サラバ労働!


さて、時間的にゆとりもあるので、主な家事をしています。

掃除、料理、家屋の補修などDIYも含めると、時々こう考えます。




「実は家事って、男がやった方がいいんじゃねぇ?」



結構、力仕事や暑い・寒いもありますし、何より労働に対して選択の自由が少ない。





原始の時代みたいに「狩り」をして食料を確保する世界では、肉体的な能力を考慮すると男が外に出るのもわかります。


しかし、現代社会のように、食料確保のための労働には職業選択の自由があるので、肉体的な能力を考慮した「男が外で労働」「女が家庭」という考えは無理がある気がします。

むしろ職業選択の自由で、女性の特性を活かした職業選択をして、食料確保が可能と考えます。

家事って、その意味では選択のない労働だと思ったりします。






そんな事を思いながら、過ごしていたのですが、毎日を飯炊き片付けなどで家に縛られ続けると、受け持ちの講義が無くなった今では、試験用紙返却でわざわざ返信用の封筒を準備してくれる学校が憎い!!

もう!行くのに!散歩がてら直接持っていくのにぃ!!お外出たいのぉ!!素敵な景色が見たいのぉお!!





うん、家事は「どっちか」ではなく、家族みんなでやればいいと思う!(本日3回目の洗濯物を干しながら)(周期的な天候のせいで、晴れの日ほど外出できねぇスパイラル)





ps.漫画「ヒナまつり」、ヤクザ新田の実家での扱いが、すごく共感できるんですよ。そして、「それってギャグ漫画にできるの?」とガチで思ったよ?(´・ω・`)


人気ブログランキングへ にほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ

  at 20:00
コメントを書く




情報を記憶: 評価:  顔   星