鉄馬に乗った流れ者
トップページ  » 不定期日記  » 他者に拘束されるのは死に至る病?

他者に拘束されるのは死に至る病?

先週ですが、中日新聞の1面でこんな記事が出てました。



中年男性、働き過ぎに注意 11時間超で心筋梗塞リスク


一日十一時間以上働く中年男性は、七〜九時間の標準的な勤務時間の人に比べて急性心筋梗塞を発症するリスクが一・六倍になるとする大規模調査結果を、国立がん研究センターや大阪大のチームが十四日、発表した。特に会社員や五十歳以上の人が長時間労働の影響が出やすいとしている。

長時間労働と急性心筋梗塞の関係を指摘した日本での本格的な調査は初。疲労回復が不十分になったり、ストレスが増加したりすることが原因とみられる。

大阪大の磯博康教授(公衆衛生学)は「長時間労働が健康に影響することが裏付けられた。会社員は仕事の裁量権がないことでストレスがたまりやすいのではないか」と話している。

チームは一九九三年に四十〜五十九歳だった男性約一万五千人の生活習慣や健康状態を約二十年間追跡調査。二百十二人が急性心筋梗塞を発症した。

リスクを高めるとされる喫煙習慣や睡眠時間などの要因で差が出ないように調整し、勤務時間との関係を分析すると、一日十一時間以上の長時間労働グループが急性心筋梗塞になるリスクは、標準的なグループに比べて一・六倍となった。

長時間労働グループを調べると、会社員らのリスクは二・一倍で、追跡を始めた年齢が五十代の人のリスクは二・六倍。経営者や自営業の人は長時間働いてもリスクの上昇はなかった。

引用先



医療関係で仕事をしていた母上も、触感として意識しており、よく話していたのですが、関係を指摘する調査結果が出たことは一定の成果だと思います。


おっさんが面白いと感じたのは最後で「経営者や自営業の人は長時間働いてもリスクの上昇はなかった」と〆られた部分です。



この一文から、単純に長時間労働が、急性心筋梗塞に直結しているわけではない。とも受け取れます。

推測として「裁量権がないことでストレスがたまりやすいのではないか」と見解がされており、今後の研究にも期待です。




おっさんの自論ですが、


他者に物事の判断や決定を委ねる事は、責任や悩むことから解放され、安心を得れる時もあります。しかし、自身で悩み、選択することは重要な事だと思います。

過度に、他人に委ねた結果が、時間をかけて死に至る病なのかもしれません。

そして、その死への過程は、安心を得る代わりに何か他の大切なものを差し出し続ける。そんな生き方なのかもしれません。

ならば「命を削って働く」とは、いち労働者が発言する事こそが、適切な使い方と考えます。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ

  at 20:00
コメントを書く




情報を記憶: 評価:  顔   星