鉄馬に乗った流れ者
トップページ » 2009年09月
2009年09月

電話に出んわ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。いや出てよ!

おっし!今日は朝から身辺整理!

そしてジェベル一世を廃車処分をする為に
詳しい内容を確認しようと、もよりの陸運に電話をしてみる。

「あーーもしm・・」

「こちら〇〇〇です。音声ガイダンスに従っt(略」

ありゃ?音声ガイダンスなんだ。
とりあえ窓口につなげてもらう。

「〇〇〇については〇番、〇〇〇については〇番・・・」

あれ!?窓口につなぐ番号がない!?(((( ;゚д゚)))
おいおいどーなってんだ・・。しゃーないなあ実際に行って確認するか・・。

えーと、あとドルが安いうちにトラベラーズチェックをつくっておくか!
早速UFJ銀行に電話して確認をとってみよう。聞きたいこともあるしな。

「あーーもしm・・・」

「こちらは〇〇〇です。音声ガイダンスに従っt(略」

ぬお!?ここも音声ガイダンス!?
「〇〇〇については〇番、〇〇〇については〇番・・・」


むむむむむ・・・。

「店舗情報については〇番・・・」

「お!あったあった!」

「〇〇〇店は営業時間〇〇〇〇、電話番号は〇〇〇〇〇です」

おい!?なぜその店の番号に電話してるのに
改めて説明されるんだよ!!(゚Д゚≡゚Д゚)ゴルッホー!!!

く!、仕方ない実際に行って聞くか。

んで、陸運に行ったら原付2種は市役所・・・・。
UFJに行ったら現在店舗でのトラベラーズチェックの発行は予約制らしい・・。
しかも手数料が今年の7月からあがったらしい。

(゚Д゚≡゚Д゚)ゴルッホー!!! なんか納得いかんぞお!!!なんか納得いかん!!
(゚皿゚メ) なんの為の電話番号なんだよ!おいおおい!!!
ゴ━━━(#゚Д゚)=○)`Д)、;'.・━━━ルァ!! どうなってるんじゃーーー!!




  at 22:26 この記事をクリップ! 

懐かしい思い出に掃除の手がとまることって多々ありません?

部屋の掃除がすすみません。

いやね。こう掃除をはじめると色々と懐かしいものが
ごろごろ出てくるのでついつい手がとまっちゃうんですね。

掃除をしていると高校時代、登山部のメンバーと一緒に
意気込みを書いた手ぬぐいが出てきました。

手書きで書いてあるものだがら
個々の個性がでまくってますね。

控え目に書いている人、むやみにデカく書いている人

夢をかなえる第一歩として野営能力をつけるために登山部に入部して
仲間たちと時間を共にしてきたのですが、本当に夢を目の前にして
ひとりぼっちになってしまいました。

う〜ん、一生あの時の楽しさが続くもんだと思っていたのですが
どこで変わっちゃったんでしょうか。



  at 09:08 この記事をクリップ! 

だーーーーーーーあ

どうして名文って真夜中ほど浮かぶんだあああああああああああ

おかげで毎日寝不足・・・。

  at 20:00 この記事をクリップ! 

難易度★5つ!ロシア自由旅行!

もともと個人旅行者は歓迎してないロシア!

調べれば調べれるほど
「この国をバイクで走れるのか」と謎だらけです。

簡単に話しますとスパイやテロリスト対策として
「お前ら!もし俺の国に入りたいならどういったスケジュールで
旅行をするのかこと細かく報告しろ!」って感じなのがロシアさんです。


ロシアの法律で入国後72時間以内に移民局へ現在の所在地を報告する
義務が旅行者にはあり、さらにその後も行動も移民局に報告する義務が
あるわけです。そしていつどこに宿泊するのか?いつ何を使い何処に移動
するのか?などこと細かく旅行スケジュールがかかれたバウチャーとなる
ものを作成しないとビザすら取得できません。

そもそもホテル代がめっさ高いロシア滞在をすべてホテル暮らしで
乗り切るのはかなり困難・・・。どうしても野宿をしながら行きたい!

バウチャーの発行するにあたり「あなたの身元は私が保障しますよ〜」と
いう招待状が必要なのだが、どこのホテルや旅行会社も自分のところに
お金を落としてくれないのに身元を保証する招待状を発行することは
ないわけで・・・。事実上バウチャーの正式な発行による横断は無理になる。

どうにか出来ないか「地球の歩き方」に記載されたロシアを専門に
取り扱っている旅行代理店の何社か連絡をとってみるのだが・・・。

「それはちょっと・・・」

「無理だと思います。刑事事件になりかねませんよ」

「間違いなく警察に見つかったとき大変な事になると思います」などなど

「警察に見つかったときには素直に賄賂を渡すので大丈夫です」とか
言いたかったが、どうも正上位の話しかしてくれない・・・(そらそうか)


あまりにもメジャーなところはやはり難しそうなので
違う意味で有名なNA TRAVEL SOLUTIONさんに電話してみました。
Webページに会社の所在地すら書いてないのですごく不安でしたが
ライダーをシベリア送りにするにはなれている様子で、

「ああ、ライダーさんですね!」とサクサクと話が進む、
こっちの聞きたかった情報もサクサク出てくる。
であっという間に話がまとまりました。すげえよNA TRAVELさん・・・。

結論からいいますと、ロシアビザは業務用を取得、ロシア政府の対応上
入国した2泊はホテルに滞在すること、さらに出国時に前日には適当な
ホテルでチェックインだけでもいいので済ませてホテルに移民局手続きを
してもらうこと、オーバースティをすると非常に厳しいお国柄なので
30日間の旅行でも90日間用のビザをおすすめとのことでした。

あとは出国する都市を決めれば時に問題はなさそうです。

今回の旅行は一番しょっぱなの国が難問だなぁ・・・。


  at 20:00 この記事をクリップ!