鉄馬に乗った流れ者
トップページ » 2019年08月
2019年08月

夏の思い出は人それぞれ


突然、気温が下がり過ごしやすくなってますか?


もう夏が終わったの?ねぇ?終わったの?おっさん何もしてないよ?


キャンプもツーリングも、飲み会もセルフバーニングも!!!( ゚Д゚)


どうなっとんじゃー!( ゚Д゚)

まだ、行っちゃらめぇええええ!夏ぅ!!( ゚Д゚)




ツイッターのフォロアーさんの「夏」満喫ぶりを見ると刺激されますよ!

おっさんも北海道いきてぇええええ( ゚Д゚)

綺麗な海で、コパトーンの香りの妙齢の女性と戯れたーい( ゚Д゚)<相手いねぇええ




おっさんの汗臭が、人を殺傷レベルだったぐらいしか思い出がねぇええええ( ゚Д゚)ゴルァ





orz 今年で最後の地元の手筒祭り見たかった・・・。


  at 20:00 この記事をクリップ! 

愛知県の喫茶店文化

おっさんの住む、愛知県内の喫茶店にはモーニングと言われるものがある。

朝から11時頃(店によって時間はまちまち)までに喫茶店で飲み物を注文すると、セットでトースト・ゆで卵・サラダの小鉢などが追加料金なしでついてくる。


コーヒー一杯が300円〜350円なので、その金額でトースト・ゆで卵・サラダなどがついてくる。

内容は各喫茶店で独自のものが多く、ブランチ的な位置づけで親しんでいました。



昔から近所の喫茶店でも存在するサービスで、日曜日には家族全員でモーニングのお世話になったものです。

幼少の頃には、明治生まれの曾祖母も一緒に家族でよく行きました。



日曜日のモーニングタイムには、どこの喫茶店も満席状態。


客層は、背広を着たサラリーマン、子供連れの家族、カップル、地元では農家が多かったので、午前の仕事を終えた泥だらけの農家さん、じいさんばあさん。

相席が当たり前だったので、同じテーブルになる人は毎回異なりました。


サラリーマン風のおじさんが「ぼうず、たまご食うか?」と声をかけてきたり、農家のおばちゃんがお菓子を取り出して配ったり、食べきれないトーストをサッと置いて退店していく兄ちゃん。冷凍ミカンをかばんから取り出す老夫婦。

見ず知らずの人たちと相席をして、お世話になったものです。



地元の見知った人に出会えば、喫茶店で井戸端会議。「そこのおじさん席変わって、この人は私の友達なの」と話せば、嫌な顔せずホイホイと席が変わる。



「あそこの男性は、どこの人かしら?」なんて話題を話していれば、店員(地元の人)さんが「あの人は〇〇さんの息子ですよ」と個人情報なんぞ、どこへ行った?

「ちょうど、同じぐらいの娘が・・・」と、本人の与り知らぬところで縁談話が持ち上がる始末。



「地元民」という共通点以外は、ほぼ異なる人々の集まる場所「喫茶店」。そこから生み出される人情味があるコミュニティ。それが幼少時代のおっさんの喫茶店の記憶です。



最近は、流石にこれほどカオスな喫茶店は少なくなりました。




面倒であり、プライバシー皆無ではあります。

しかし、そこから生まれる何かがある。そんな気がするのです。(泥酔中)



  at 20:00 この記事をクリップ! 

お小遣いという名の財政

毎月のお小遣い消費の比率が、20代の頃は「10割:娯楽費」でした。

見事な四十の中年に成長したおっさんは「(娯楽費)6割:4割(医療費)」です。



加齢と共に増大する社会保障費( ゚Д゚)!?現代の国家財政を体感しております。




この20年間で娯楽費の内訳の変化を表すならば、こんな感じでしょうか。




20代の頃

「(エロ費)9割:1割(その他)」


40代の現在

「(エロ費)1割:9割(その他)」




いろいろヤバい気がするぅ( ゚Д゚)!!

おっさんの股間にかかわるヤバい気がするぅ( ゚Д゚)!!



  at 20:00 この記事をクリップ! 

天気の子、( ゚Д゚)ゴルァ!!

222D_0zW5gVUAAxZue

新海誠監督の新しい映画「天気の子」ヒットしているらしいです。

もう、既に視聴された人も多い事でしょう。


え?一人で「天気の子」を観に来ていた中年のおっさんが居た?

さらに、そのおっさんが鼻水全開で号泣してた?




あー、たぶんソレおっさんです。( ゚Д゚)ゴルァ



あの、エロgごふごふ!!オープニンgごふごふ!!


えーえー、あの新海誠監督が、ここまで有名になるとhごふごふ!!!!




えーと、映画の話ですよね?

前回の「君の名は」では、館内の客がおっさん以外全員カップルというラブ空気の地雷原で、ラブな映画にどっぷり浸かることになりまして。


軽く凍死まで一直線。ええ、だれか毛布持ってきて!!( ゚Д゚)

映画館での視聴は見合わせようと思ったのですが、思わぬネタバレが怖すぎて中年のおっさん一人で観てきたよ。



そんな、ラブ空気の地雷原かと思ったら、家族や老夫婦など客層がバラバラ。

前回の「君の名は」で幅広い客層がファンになったのかな?




ネタバレになるので、多くは語りませんが3点だけ。


,っさんはハンカチでは足りませんでした。バスタオルを持参することをお勧めします。

(高校時代ドラえもんで号泣した、弱涙腺レベルのおっさん基準)


△匹辰舛と言うと、結末は「君の名は」方面と思います。

(次回あたり、ドカンと過去の新海誠テイストで来ませんかね?)


まだ同監督の過去作「雲のむこう、約束の場所」観てない人は、この機会に是非見てほしいかも。

(この双方の結論が、おっさんが一番に驚いた内容だったかも。)




よし、次回はバスタオル持参で行こう!( ゚Д゚)


  at 20:00 この記事をクリップ!